サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

日本全国に分布している美味しい魚 ”カマス”

魚名  かます ー梭子魚ー

 

 

生態カマスは北海道以南からシナ海全域の水深20~30mの比較的浅い岩礁帯の水面近くから中域を大きな群れをつくって回遊する。

内湾の表層に住む魚で活発に泳いで小魚やエビ類を食る。

魚種はアカカマス、アオカマス、ヤマトカマスが日本では主な魚だが、一般的に'カマス'と呼ばれているのはアカカマスの方で、ホンカマスとも言われている。

 旬は夏の脂肪の少ないアオカマス、秋から冬にかけて脂肪がのってるアカカマスが市場に出回り。 体形はやや細長く、頭は小さめで、背側の色はアメ色で小さな鱗が覆っている。腹側は白。

名前のアカ、アオの色は魚種の色には関係ない。

 

釣り方:秋口に大群をなして沿岸に押し寄せてくるときが釣期となるが2、3週間ほどすると場所を移動してしまうのでその期間は短い。

投げ釣りと磯釣り、そして船釣りが一般的だが、小魚やイカを食う習性があり、ルアーにも敏感な反応を示す。

サビキ釣りを飛ばし浮き仕掛けに付けて、港の堤防などから遠投して釣る方法もある。

 

食べ方:さっぱりした味で、刺身、焼き物、干物が旨い。

また、唐揚げにしてサラダ味風、マリネー、グラタンもよい。

干物は一塩の一夜干しが旨く、市販のカマスは干物が多い。

炊きたてのご飯に揉みワカメを混ぜ、焼いて解した干物を混ぜる料理もある。

 



初夏のカツオは、初ガツオ ”かつお”

魚名  かつお ー鰹ー 

 



生態:夏の魚の代表格で、春先になると沖縄海域に出現し、大群を組んで黒潮に乗って回遊を開始。

九州、四国沖を通り、紀南海域、伊豆海域から房総沖を経て三陸沖へと達する。

これが上りカツオ。

初夏には湘南沖を通過するが、この季節のものを初ガツオと言って珍重している。

ほぼ世界中の暖海域に生息し、我が国周辺では近似種としてスマ、ソウダ、ハガツオなどがいる。

魚には生時と死後とでは著しく色彩が異なるものが多いが、カツオはその典型。

縦縞のほか、宝石のように輝く背の群青色は、残念ながら魚屋の店頭では見ることはできない。

 

釣り方:昔は、活きたイワシをエサにして、竿と糸だけでのフカセ釣り、いわゆるカツオの一本釣りが盛んに行われたが、最近は、カッタクリ,サビキ,胴付,ビシ仕掛け などのコマセ釣りが盛んになっている。

また、ルアーやトローリングなどの釣り方で狙う。 カツオはイワシなどの小魚の群れを追っているので、その小魚の群れの上空に集まっている海鳥、いわゆるトリヤマを見つけて、そこを狙って釣るのが一般的。

カツオはすごいスピードで回遊しているので、群れを見つけたらすばやく釣るのがコツとなる。

 

 

食べ方:カツオの食べ方はいろいろあり、刺身、タタキなどから鰹節まである。

初夏に取れる初カツオは、やはり刺身が一番旨い。

 

赤のかったり、真っ黒だったり、体色変化が大きな魚 ”かさご”

魚名  ーかさごー 笠子 

 





生態:磯魚の代表格で日本全国に分布している。

浅い防波堤のテトラの間や、潮が引いたときには岩が出るような荒磯の岩の割れ目などから、水深百mくらいの深場まで生息。

体色変異が大きく、真っ赤に近いものから真っ黒に近いものまでいる。

頭部と口が大きく、全体的にごつごつした体型である。

 

その体型は海底の岩に擬態していると言われ、海中にいる時はあまり泳がずに岩場でじっとしていることが多い。

 

ウミタナゴメバルなどと同じ胎生魚で、冬から春にかけて多数の仔を産む。

 

釣り方:岸からの釣りと船の釣りでは多少釣り方、仕掛けが違う。

船からの釣りは、胴付き仕掛けで魚の身えさを付けて狙う。

岩場を狙うため根掛りが多い釣りになるので、注意が必要。

岸からのカサゴ釣りで面白いのは探り釣りである。

これはテトラの間や、潮が引いた磯の岩の隙間などに仕掛けをたらしていく方法である。

また、ルアー(ワーム)を使った釣りも最近さかんになってきている。

 

 

食べ方:岩の割れ目などにいるため、網を使う漁業の対象となりにくく、一般に売られることは少ないが、白身の淡白な味はいろいろな料理に適している。

大きい物は刺身にし、頭や骨は塩茹でにして吸い物にする。

  煮付には小ぶりのものがよく、ウロコが硬く多いので、丁寧に除き、また皮が丈夫なので包丁目を2~3本入れる。

まる煮には胃・肝臓・腸なども、丁寧に水洗いをして、いっしょに煮る。 中華料理では、よくから揚げにする。

 

とにかく、美味な魚なので、あまり加工しないでシンプルに刺身、塩焼き等がお勧め。

 

鯵の仲間で最も美味しいとされる魚 ”かいわり”

魚名  ーかいわりー  貝割

 



生態シマアジとよく似ているが、カイワリはアジ類の中で体高が最も高いことで区別できる。

沿岸からやや沖合いの水深200m以浅の砂泥域の底層に生息し、砂底に水をふきかけて甲殻類や魚類を掘り出して食べる。

9~11月に海表面を浮遊する丸い形の卵を産む。

体側に6個の暗めの褐色の縞があるが成長にしたがって消える。

 

釣り方:専門に狙う魚ではなく、鯛釣りやキス釣りの外道として掛かる魚。

大きな群れをつくる魚で、釣れる時は立て続けに釣れる。

アジ科の魚にしてはずいぶんと体高があるが、アジの仲間の証拠にちゃんとゼイゴもある。

仕掛けは、専用のものはなく、サビキやキス用の片テンなどで釣れてくる。

 

食べ方:カイワリはアジの仲間でも一番に美味とされている。

食べ方は、刺身が最高。

塩焼きにすると身が繊細な味がして、これまた最高に旨い。

とにかく、美味な魚なので、あまり加工しないでシンプルに刺身、塩焼き等がお勧め。

 

世界最大のカレイ ”オヒョウ”

魚名  ーおひょうー  大鮃

 



生態:世界最大のカレイで、日本近海では1m程度のものが多い。

水深50~500mの海底にすみ、タコ、魚、エビ、などを捕食している。

産卵期は5~7月頃、200mほどの浅海に移動して産卵する。

成長は遅く、5年で40~50cm、10年で1m近くになる。

眼のある側は淡褐色で、白色の小斑点と暗褐色の模様が散らばっている。

眼のない側は白色。

30年以上も生き、体長2.5m、体重250kgにもなることがある。

 

釣り方:数が少ない魚で、幻の魚とされていてなかなか釣れない魚。

活餌を使った泳がせ釣りとルアーによるジギングがあるが、 まだ、オヒョウ釣りのタックルシステムが確立されていないのが現状。

 

食べ方:身は白身で、やわらかくてくせがないので美味しい。

ころもを付けて揚げ物にすると旨い。

また、鮮度の良い物は刺身もよいがやや水っぽい。

 

刺身は絶品、背びれには注意の魚 ”オニカサゴ”

魚名  ーオニカサゴー 鬼笠子

 

生態オニカサゴと呼ばれるものは、南日本各地に分布している。

水深数100mから200mくらいまでの中深場に棲息しているカサゴの仲間のこと。

ほかのカサゴは険しい岩礁帯を好むが、砂泥や砂礫に点在する穏やかな起伏の海底などに生息している。

口が大きく魚体真っ赤。

大きいものは2㎏以上にも達する。

背ビレにはとげがあり、刺されると全身が痺れるほどの毒がある。

 

釣り方:エサを刺したハリを船べりから垂らしたら、片テンを絡ませないように海面に降ろし、リールのクラッチを切って道糸を送り出す。

アタリがあったら竿先をわずかに下げて送り込み、静かに竿先を引き起こす。

大きなあわせはバレを招くから逆効果。

根魚はうきぶくろを膨らませて浮上するのが普通だが、水圧変化に強いオニカサゴはハリが外れると潜ってしまう。

取り込みには、タモを使うのが良い。

オニカサゴの背ビレには全身が痺れるほどの毒があるので刺されないよう下アゴを持ってハリを外し、釣り上げた後はハサミで棘を切り取っておくと安心。

 

食べ方:身は、白身で独特のコクがあり、さっぱりしていて旨い。

旬は脂の乗った冬。

シャブシャブ、ちり鍋、唐揚げなどにも人気があるが、何といっても刺身がうまい。

分厚い羊羹切りではなく5、6㎜の厚さに切ってポン酢を効かせた醤油に紅葉おろしを加えると絶品。

釣り上げた後、生きたまま血抜きして丸1日くらい氷締めにするとうまさがにじみ出る。

また酢飯のうえに大葉を敷き、紅葉おろしを乗せて握り鮨にしたり、同じ食材で巻き物にしたりするといくらでも食べられる。

 

潤んだ目をしたイワシ ”うるめいわし”

魚名  ーうるめいわしー 潤目鰯



生態:大きな眼が透明な脂肪の膜で覆われて、潤んだように見えるところから、この名が付いている。

 黒潮対馬暖流の影響の強い南日本の外海が主な生息域で、大きくなると30cm近くになる。

 

釣り方:港の堤防などからのサビキ釣りで釣れるので、堤防などでのファミリーフィッシングの好ターゲットでもある。

アミこませを入れた、コマセカゴの下にサビキを付けて、竿をあおったら竿先を掲げてコマセの煙幕の中にサビキを入れる、アタリがあってもすぐに巻き上げずに追い食いさせるのが数を延ばすコツ。

 

食べ方:活きのよいものは青緑色がかって光る帯が走っているが、うろこは落ちやすく、鮮度が落ちるのも非常に早い。

新鮮なものを刺身や酢味噌和えにして食べるが、大部分は目刺しなどの丸干しの加工をする。

イワシ類の中で最も脂肪分が少ないので、干しても油焼けしにくく、干すことにより旨味が増す。

刺身、酢味噌和え、丸干し

 

胎児を産む魚 ”海タナゴ”

魚名  ーうみたなごー 海鱮

生態:日本各地の沿岸にすむが、東北太平洋側に大型が多い。

魚類では珍しく、胎生で、晩春から初夏にかけて20~30尾の胎児を産む。

塩分濃度の高い磯の藻が生えているような所を好み、また、内湾の防波堤の近くにもいる。

地域によって多少差があるが、晩秋から岸近くにやってきて産卵の終わる初夏に深場へ去る。

 

釣り方:釣り方はタマウキを使ったウキ釣りで、潮があまり速くない防波堤などではリールなしのノベ竿でもいい。

口が小さく、アタリがわかりにくいため、タマウキを連結したシモリウキ仕掛けにするといいだろう。

また外洋の本格的な磯から釣る場合は円錐ウキ仕掛けが釣りやすい。

ウミタナゴではコマセが必携品。

アミを少しずつポイントにまいて魚を寄せること。

コマセがないと釣りにならないから注意。

 

食べ方ウミタナゴの身は白身でやわらかく、淡白な味。

小骨は少なく、骨離れが良いので食べやすい魚。

塩焼き、バター焼き、から揚げなどが旨い。

刺身は、身が水っぽく感じられるので、好みが別れる。

 

カワハギの干物は、大半がこの魚 ”うまづらはぎ”

魚名  ーうまずらはぎー 馬面剥

生態:カワハギの仲間は、分類上フグ目に属し系統的にも近縁であるため、肉質や泳ぎ方がフグによく似ている。

その名の通り頭部が長いので、その名がついたと思われる。

カワハギより沖合の深い所に棲息。

体は長楕円形で灰青色、下部は淡い色をしている

 

釣り方:カワハギ釣りの外道として釣れてくる、主に狙うことの少ない魚。

釣れた時の引きは、カワハギより強いが、途中でフワァと軽くなるカワハギ独特の引き方はしない。

カワハギの仲間なので、口が小さく、かつ鋭いので、えさを取られたり、ハリスを切られたりして釣り人からは嫌われものとなることが多い。

 

食べ方:肉質も肝の味もカワハギに及ばないと言われているが、美味しい魚である。

ただ腐敗やいたみが早く悪臭を放ち易いので保管には要注意。

旬は秋から冬で身は白身で、刺身・煮付け・味噌汁・鍋がうまい。

カワハギの干物として売られているもののほとんどが、

ウマズラハギである。

 

大型のカワハギで最高に旨い ”うすばはぎ”

魚名  ーうすばはぎー 薄葉剥

生態:浅海の沿岸に群れを作って生息し、定置網にまとまって入ることがある。

幼魚には多数の複雑なしま模様がある。

ウマヅラハギよりもさらに細長く、体形は長楕円形である。

第1背びれは細く、折れやすい。尾びれが短く、尾びれの付け根がやや長いのが特徴である。

体色は灰白色で背の方に暗褐色の小さな斑紋が散在するがはっきりした色紋がない。

小さいエビ・カニ類やクラゲを食べる。最大75cmになる。

 

釣り方:磯釣りの外道、船釣りの外道と・・・主に狙うことの少ない魚。

カワハギの仲間なので、口が小さく、かつ鋭いので、えさを取られたり、ハリスを切られたりして釣り人からは嫌われものとなることが多い。

浅海に多く、群れをつくることから釣れだすと、たくさん釣れることもある。

磯で上物をやっていると、のんきに浮かびあがってきて、ゆったりと餌をひろうのが見える。

邪魔になって、いざ釣ってやろうと思うと、歯が鋭くてハリスを噛み切られたりして、なかなか釣れない。

 

食べ方:まったく癖がない白身をしているので、三枚におろして薄皮を取って薄作りをポン酢で食べたりするのがうまい。

ちり鍋やバター焼きとフライなどもうまい。

肝は、最高に美味。

 







 

ブリの幼魚 ”いなだ”

魚名  ーいなだー 

生態:ブリの幼魚。

温暖性の回遊魚で北海道から台湾に至るまで分布し、春夏は北上、秋冬は南下して回遊する。

産卵期は南から2月ごろからはじまり7月までつづく。

稚魚期は甲殻類を捕食するが、成長するとイワシ、アジ類、イカ類などを捕食する。

水温の上昇とともに北に回遊、水温が下がってくると南下する。

成長するにつれて呼び名が変わる、出世魚として縁起の良い魚。

関東では、ワカシ(15cm)、イナダ(40cm)・ワラサ(60cm)・ブリ(100cm)

関西では、ツバス(15cm)・ハマチ(40cm)・メジロ(60cm)・ブリ(100cm)

 

釣り方:イナダはアミやオキアミのコマセ釣りで攻めることが多い。

カッタクリ釣りは、バケ選びによって釣果がかなり違ってくるのが特徴。

 コマセ釣りの決め手は仕掛けの長さや形状、コマセの種類によって異なるが、振り出したコマセと刺し餌をうまく同調させること。

 

食べ方:刺身・照り焼き・アラの大根煮がうまい。

ブリほどあぶらがのってなくさっぱりした身なのでカルパッチョにするといくらでも食べられる。

 

嬉しい外道 ”いとより”

魚名  ーいとよりー 糸縒鯛

生態:体型は細長く、尾びれの上端部は糸状に伸びている。

体長は40cmほどになり、体色は、背部がピンクで体側に黄色い縦じまが6本ある。

水深30m~250mの砂泥底に生息して、甲殻類や小魚を捕食している。

 

釣り方:本命として狙うことは、ほとんどないが、アマダイなどの外道として釣れてくる。

深場の砂泥底を釣るので、片天ビンに2本ハリで釣る。

食い込みは、早いので向こうあわせで釣れてくる。

 

食べ方白身で身が柔らかいので、塩でしめてから料理するとよい。

照り焼き、煮付け、椀種などが旨い。

旬の晩秋から冬のころは、脂がのってくるので刺身も旨い。

 

メジナ釣りの外道 ”イスズミ”

魚名  ーいすずみー 伊寿墨



生態:イスズミはメジナに似た魚で房総半島以南に分布し、沖縄、小笠原などではきわめて魚影が濃い。

地元ではササヨと呼ばれている。

イスズミにはイスズミ ・ミナミイスズミ・テンジクイサキの3種類が含まれている。

テンジクイサキは背びれと尻びれが高いことで簡単に区別きるが、イスズミとミナミイスズミは大変良く似ていて背びれを支える軟条の数を数えないと区別できない。

因みにイスズミは14、ミナミイスズミは10~12です。

 

釣り方メジナ釣りの外道としてうるさいほど釣れ、体型も極似しているうえ棲息域も重複する。

釣り上げるとところ構わず糞を撒き散らすためババタレと呼ばれて敬遠されることが多い。

アタリ、引きともにメジナそっくりでその釣趣はなかなかのもの。

コマセにも敏感に反応するため、引きだけを楽しめば良いと割り切れば、おもしろさはA級といえる。

 

食べ方:イスズミ類は肉に独特の臭いがあって、慣れない人には抵抗があり嫌われるが。

ハンバノリや褐藻類などに食性の変わる冬場は磯臭さが消えるため、打って変わって味が良くなる。

正月料理に欠かせない地域もあり、あえて言えば冬場が旬、イスズミの肉と野菜を混ぜ酢であえた料理がありピーマカと呼んでいます。

①イスズミを三枚に下ろす

②皮付きのまま薄切りにして塩を振り、しばらく置いた後、酢で洗う。

③玉ねぎスライス、トウガラシのきざみを酢+塩+橙の絞り汁に入れ、②で作った身を漬けます。

 

蒲鉾の原料にはこの魚が一番 ”イシモチ”

魚名  ーいしもちー 石持

生態:東北以南、東シナ海、インド洋まで広く分布する熱帯・温帯性の魚で、砂泥地に群れになって生息している。

ニベ科にはシログチ(イシモチ)、コイチ、ニベ、オオニベ、ホンニベなどがいる。

3年で27cm程度の成魚になるが、寿命は10年程度、最大で60cmになる。

初夏の産卵期になると大きな浮き袋を使ってグウグウと音を出し、これが愚痴(ぐち)を言っているように聞こえる所からグチという名前になった。

頭部に炭酸カルシウムの耳石(1~2cm)を持っているのでイシモチと言われる。

 

釣り方:投げ釣りは初夏から晩秋にかけて砂浜の夜釣りで狙う。

千葉県北部から常磐方面にかけて数が多く、潮が濁れば日中でも数がまとまる。

キスより若干上層を泳いでいるのが特徴である。

このため仕掛けは胴付き式にするのが一般的である。

船やボートからの釣りも胴付き仕掛けで、オモリが着底したら、糸ふけを取り底を軽くたたくように誘う、アタリは、小さいが強くあわせずに竿を立てるように合わせる。

 

食べ方白身で軟らかく、脂肪が少ないので、さまざまな料理が出来る。

蒲鉾の原料に利用されるのが有名だが、鮮度のよいものは鯛の刺身の代用品としたり、少しクセのある匂いがするので、薄造りを酢味噌で食べたり、中華風のドレッシングで合えると美味。

・塩焼き ウロコは、はがれ易いので、包丁の背ではぎ、内臓とエラをとり、塩を振る。

・煮付け 1尾のまま2ヵ所ほど切れ込みを入れて、中火でたっぷり煮込むと味がしみて美味しく仕上がる。

・煮こごり ウロコを取り、頭と内臓を除いたものを蒸して身だけをほぐし、シイタケ・ニンジンなどのみじん切りをいっしょに入れ調味して、片栗粉とともに煮込み、器に流し込む。

サッパリした味が美味。

中華料理では内臓だけ取り、丸ごと唐揚げにして、甘酢あんかけで食べる。 その他 フライ、バター焼き、吸い物の椀種としても利用。

 

磯釣りの王者 イシダイ

魚名  ーいしだいー 石鯛

生態:本州中部以南の黒潮が流れる磯に生息している。

全長は80cmを越え、10kg級になると言われている。

頭から尾にかけて7本の黒い横ジマがある。

このシマは成魚になると体全体が黒ずんで明確でなくなることが多い。

歯が非常に強く、エビなどの甲殻類やサザエなどの貝類を噛み砕いて食べる。

成魚の体長は、約 50~70 cm で、25 cm 以下の若魚はサンバソウと呼ばれる。

 

釣り方:イシダイの歯は大変強く、サザエなどをかみ砕く力があるので、エビや貝類を食べている。

磯にいる魚としては抜群の力持ちで、ハリに掛けても釣り上げるのが大変である。

アタリがあったら十分に送り込んでから、大きく力一杯アワセる。

イシダイは三段引きといって、最初はコツンとくるが、このとき十分送り込み、3回目に竿先が海中に引き込まれるほどになった時強くアワセる。

 

食べ方:1~2キロ位の若魚が旨い。

3キロを越すと独特の磯臭さが出てきてしまう。

刺身、塩焼き、バター焼きが良く、大型の場合はみそ漬けが臭みが取れて旨い。

刺身は、〆た当日だと身が硬いので薄くそぐと良い。

 ラップで包んで冷蔵庫に入れ、翌日刺身にして食べると甘みが出てくる。