サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

シロ、キ、アカと3種類 ”アマダイ”

魚名  ーあまだいー 甘鯛

生態:アマダイには、シロアマダイ、キアマダイ、アカアマダイの3種があり、一般的にはアカアマダイをアマダイと呼ばれている。

体長は60cmほどになり、頭部は額と顎が角張った方形で、目が額の近くにある。

体色はピンク色で、腹側は白っぽい。

浅い海から水深300mくらいまでの砂泥底に巣穴を掘って生息している。

小魚・甲殻類・多毛類など小動物を捕食する。

 

釣り方:アマダイは、中型片天びん使用の2本バリ吹流し仕掛けを使用する。

底のくぼみや穴にいて上を見あげている。

したがって、底から1mくらいのタナで上手にエサを躍らせることが重要なポイントとなる ハリがかりしたあと、あまり暴れずに上がってくるが、残り15m位になると暴れだすのが特徴、油断をしないように取り込みたい。

 

食べ方:旬は、冬。

身に水分が多く柔らかいので、味噌漬けや粕漬けにしたり、干物に加工すると旨い。

刺身にする場合は、皮をはがずに皮側を火であぶって、薄つくりにして、ポン酢なので食べるとよい。

 

天ぷらにすると美味しい、ヌルヌルして長い魚 ”アナゴ”

魚名  ーあなごー 穴子

生態:アナゴの仲間にはマアナゴ、クロアナゴ、ギンアナゴなどがある。

一般にアナゴと呼ばれているのはマアナゴのことである。

硬骨魚網ウナギ目アナゴ科に属する白身魚

ウナギに似た褐色の円筒形の魚で白い斑点が2列に並んでいる。

体調は大きいもので90cm位までになる。

日本全国の内湾の砂泥底に生育し、昼間は砂泥の穴の中から頭だけ出し夜になると餌を求め活発に活動する夜行性。

 

釣り方:釣り期は、初夏から秋にかけてで冬場は深場に落ちる。

シロギスなどの投げ釣りの外道として釣れてくることがあるが、専門に狙うとなると夜船からが一般的。

先調子のサオにウナギバリを付け、ハリスには目立つように夜光パイプや発光ライトを付ける。

エサはアオイソメの太めのものをちょんがけしてまっすぐにたれるようにする。

仕掛けを底まで沈めたら軽くこづいてアタリをとる。

底から餌が離れすぎると食いが悪くなる。

 

食べ方さばいたら天ぷらにすると旨い。

穴子はすし種や卵焼きや茶碗蒸に、焼穴子はきざんでちらし寿司やまぜごはんに又きゅうりと合わせて酢の物になどに。

 

深海に住む体長60~80cmにもなる、美味しい魚 ”アコウダイ”

魚名  ーあこうだいー 赤魚鯛

生態アコウダイは水深350~800mの深海に住んでいるカサゴの仲間。

濃紅色でずんぐりしており、目が大きいのが特徴。

成長すると体長60~80cm、体重は7~8kg位になる。

この水深から引き揚げると水圧が下がるため浮き袋が急激に膨らみ、目や内臓が飛び出した状態で海面に浮き上がってきます。

 

釣り方:深海性のため船釣りの対象魚。

深海を釣る為に一回の投入で効率よく釣る、針を20本から30本くらい付いた胴付き仕掛けで狙う。

潮上に船を立て、下から順番に仕掛けを投入する。

投入用掛け枠に仕掛けを巻き、乗船前にエサも付けておく方法が一般化したので釣りやすくなっている。

アコウは海底に群れているので、オモリを底からわずかに切った状態で待つ、アタリがあったらすぐには巻かないで、道糸を送り込んだり、少しずつ巻き上げたりし、一度にできるだけたくさん食わせる。

 

食べ方:刺身で食べるには、おろして皮つきのまま湯をかけるか、焼き霜造りにするのがうまい。

アコウダイの旨味は皮目にあるので、皮を取らないで食べるのが良い。

鍋は皮付きのまましゃぶしゃぶにするのがよくて、半生で食べると甘い。

その他、煮つけ、塩焼きとなににしてもうまい。

抜群の味である。

小型のハタ アカハタ

魚名  ーあかはたー 赤羽太

生態:インド洋のサンゴ礁まで広く分布する。

小笠原諸島では普通種。

大型魚が多いハタの仲間では小型の方で、成長しても40cmまで。

小魚やカニなどを食べる。

体色は鮮やかな朱色、白い斑点が数個あり。

南日本の岩礁地帯やサンゴ礁地帯に生息し、釣りで漁獲される。

 

釣り方:磯釣りや底釣りの外道として、釣れてくる。

アカハタを本命で狙うことが、あまりないため、つり方や仕掛けは固有のものは無い。

船による底釣りの場合、胴付き仕掛けにいわしなどの身えさを付けて狙うと釣れてくる。

 

食べ方:鮮度さえよければ刺身はとてもうまい。

中華風として、蒸して皿に盛り、ネギ、しょうがの千切りなどを乗せる。

そこに熱した油をかけると上に乗せた野菜からの香りが合わさって出来上がる。

これを老酒、しょうが、酢などで加減したタレをまわしかけて食べる。

薄造り、揚げ物、煮物

いさきと呼ばれるがイサキではない魚 あかいさき

魚名  ーあかいさきー 赤鶏

生態:水深50~100mあたりのやや深いところにすむ。

成長するにつれて、メスからオスに変わり、オスになると体色が黄色の斑点が多数でてくる。

オスは40cmにくらいになる。

背びれの後方に黒色の斑紋があり、メスは黄赤色を帯び、背方に不規則な暗褐色の斑紋が3~4個見られる。

“イサキ”という名前がついているが、イサキの仲間ではない。

 

釣り方:水深100メートルを超える底から釣れてくる。

アカイサキを本命でねらうことは稀で、ほとんどが鯛やアコウなどの底もの釣りで外道として釣れてくる。

 

食べ方:フライ、ムニエル、蒸し物などが旨い。

ハタ科の魚なので、旨みが皮下にあるため、刺身にするときは皮をつけたまま湯引きか、皮目を火で焼き目をつけるのが旨い。

 

最大のもので胴の長さが50cmになるいか あかいか

魚名  ーあかいかー 赤烏賊

生態:本州中部からオーストラリア北部まで分布する。

日本近海では沿岸からやや沖合にすみ、小魚を捕食する。

産卵期は4~10月と長期にわたる。

胴体は筒状で、透明な膜に被われた大きな眼がある。

体長は、最大のもので胴の長さが50cmになる。

春から夏にかけての産卵期には水深20~40mの内湾へ現われ、秋になると60~100mの深場に移動する。

 

釣り方:初夏には磯や堤防から釣ることができる。

船による沖釣りの場合は、疑似餌を複数本セットした仕掛けで釣る。

一番下に紅白の鉛スッテを使い、数本の浮きスッテを胴付きにするのが基本的な仕掛けであるが、海底が荒いポイントでは鉛スッテが根掛りするので、錘にすることもある。

 

食べ方:刺身、焼き物、干物、煮付けなど、幅広い料理に合う。

 

1年の命のいか アオリイカ

魚名  ーあおりいかー 障泥烏賊

生態:胴が丸みを帯び、胴の全縁に渡って半円形のひれを持っている。

姿はコウイカに似ているが、コウイカよりもヤリイカに近縁で、体内にはコウイカのような石灰質の「甲」を持たず、木の葉形の柔らかい「軟甲」を持ち、生きている時は透けるような体色をしている。

エサはアジなどの小魚やエビなどで、俊敏に泳ぎ回って2本の長い触手で捕食する。

アオリイカは冬になり水温が15度より低くなるとだんだんと沿岸から離れて春になると産卵のため海藻やサンゴの枝に寄ってきて、細長い卵嚢[らんのう]を産みつける。

成長は極めて速く、生まれて約1年で死滅する。

わずか1年の間に、胴長5mm位でふ化し45日目には約5cmとなり、それ以降は月4cm以上の割合で急激に成長し最大4㎏位(胴長約50㎝)まで成長するものもまれにいる。

 

釣り方アオリイカの釣り方としては、エギをつかった疑似餌釣りと生きえさをつかった泳がせ釣りがあります。

泳がせつり:スピニングリール(2000~3000番)に道糸3~5号を巻き、誘導浮きの仕掛けをセット。

針は市販のアオリイカ仕掛けを付けます。

浮きは自立型で、夜の場合は発砲浮きにケミ蛍を付る。

イカが掛かったときの方法として、ヤエンと言うつり方がある。

エギ釣り:竿は、7ft前後のエギング竿、ルアー竿のライトもしくはミディアムアクションでも代用できる。

リールは2000~2500番で、PEラインの1号程度がエギをシャクリ易い。

道糸の先にエギと結ぶ前に、リーダーを付ける。

合わせ時のショックを和らげ、エギの交換と、エギの結合を確実にするためのもの。

エギは3.5号がほとんどのケースで使える。

シャクリかたは、遠投後、一度エギを海底まで沈めてから、大きくシャクリ、イカは、シャクリ後の落ち込みで付いてくるので、シャクッったら海底まで落とすことを繰り返す。

 

食べ方:夏が旬になる。

身肉の部分が多く、甘味があり刺身で食べると非常に美味。

その他煮付や焼き物にしても旨く、どんな料理にも使える。

 

岩礁地帯に生息する魚 あいなめ

魚名  ーあいなめー 愛魚女

生態:日本全土の塩分の薄い岩礁地帯に生息。

体側には5本の側線がある。

50cm以上の大型に育ち、オスとメスで体色が異なる。

オスは鮮明なエンジ色で、メスは黄褐色。

アイナメの産卵期は秋、付着卵を海藻に産み付け、オスが孵化するまで卵を守る。

 

釣り方アイナメはイソメや甲殻類、小魚などの動く餌にすばやく反応して食べるので、餌を水中で動かすとアタリが出やすくなる。

ラクリと呼ばれる赤い色を塗った独特のオモリに、短いハリスを付け、海底に着底したところで30cmずつくらいシャクって釣る。

 

食べ方:獲れたてのものは洗いや刺身。

皮が堅いので三枚におろしたら、皮を下側にして頭寄りから薄くそぐように斜め切りにして氷水に浸す。

そのほか、煮付け、唐揚、鍋物、バタ焼きなどにしても美味。

 

バリと呼ばれる魚 あいご

魚名  ーあいごー 藍子

生態:関東以南の暖海に生息する。

ウロコが非常に小さく体表面に粘液が多いため、ウロコがないように見える。

ヒレの先端には毒があり、刺されると半日くらいは激しい痛みに襲われる。

産卵期は初夏。

稚魚は大きな群れを作り、内湾で育ち、成長するにつれて外洋に近い磯場へ移る。

成魚は海藻の柔らかい部分を好む雑食性で、体表面の模様は保護色からこのような色になっている。

関東ではあまり一般的ではないが、関西以西では立派な磯の対象魚である。

 

釣り方:釣り方や釣り場はメジナとほぼ同じだが、メジナに比べるとやや緩い潮の流れを好む傾向にある。

コマセ、付け餌ともオキアミによるフカセ釣りである。

アイゴは小型でも、素手でつかむのは危険で、タオルなどで必ず頭の方から持ち、ハリをはずす。

 

食べ方:アイゴは磯臭いと言われるが、なかなか美味な魚である。

とくに大型はサシミが美味。

棘の毒は死んでもなくならないから、料理する前に棘を切り取っておくこと。