サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

日本全国に分布している美味しい魚 ”カマス”

魚名 かます ー梭子魚ー 生態:カマスは北海道以南からシナ海全域の水深20~30mの比較的浅い岩礁帯の水面近くから中域を大きな群れをつくって回遊する。 内湾の表層に住む魚で活発に泳いで小魚やエビ類を食る。 魚種はアカカマス、アオカマス、ヤマトカマス…

初夏のカツオは、初ガツオ ”かつお”

魚名 かつお ー鰹ー 生態:夏の魚の代表格で、春先になると沖縄海域に出現し、大群を組んで黒潮に乗って回遊を開始。 九州、四国沖を通り、紀南海域、伊豆海域から房総沖を経て三陸沖へと達する。 これが上りカツオ。 初夏には湘南沖を通過するが、この季節…

赤のかったり、真っ黒だったり、体色変化が大きな魚 ”かさご”

魚名 ーかさごー 笠子 生態:磯魚の代表格で日本全国に分布している。 浅い防波堤のテトラの間や、潮が引いたときには岩が出るような荒磯の岩の割れ目などから、水深百mくらいの深場まで生息。 体色変異が大きく、真っ赤に近いものから真っ黒に近いものまで…

鯵の仲間で最も美味しいとされる魚 ”かいわり”

魚名 ーかいわりー 貝割 生態:シマアジとよく似ているが、カイワリはアジ類の中で体高が最も高いことで区別できる。 沿岸からやや沖合いの水深200m以浅の砂泥域の底層に生息し、砂底に水をふきかけて甲殻類や魚類を掘り出して食べる。 9~11月に海表…

世界最大のカレイ ”オヒョウ”

魚名 ーおひょうー 大鮃 生態:世界最大のカレイで、日本近海では1m程度のものが多い。 水深50~500mの海底にすみ、タコ、魚、エビ、などを捕食している。 産卵期は5~7月頃、200mほどの浅海に移動して産卵する。 成長は遅く、5年で40~50cm、10年で1m近…

刺身は絶品、背びれには注意の魚 ”オニカサゴ”

魚名 ーオニカサゴー 鬼笠子 生態:オニカサゴと呼ばれるものは、南日本各地に分布している。 水深数100mから200mくらいまでの中深場に棲息しているカサゴの仲間のこと。 ほかのカサゴは険しい岩礁帯を好むが、砂泥や砂礫に点在する穏やかな起伏の海底など…

潤んだ目をしたイワシ ”うるめいわし”

魚名 ーうるめいわしー 潤目鰯 生態:大きな眼が透明な脂肪の膜で覆われて、潤んだように見えるところから、この名が付いている。 黒潮や対馬暖流の影響の強い南日本の外海が主な生息域で、大きくなると30cm近くになる。 釣り方:港の堤防などからのサビキ釣…

胎児を産む魚 ”海タナゴ”

魚名 ーうみたなごー 海鱮 生態:日本各地の沿岸にすむが、東北太平洋側に大型が多い。 魚類では珍しく、胎生で、晩春から初夏にかけて20~30尾の胎児を産む。 塩分濃度の高い磯の藻が生えているような所を好み、また、内湾の防波堤の近くにもいる。 地域に…

カワハギの干物は、大半がこの魚 ”うまづらはぎ”

魚名 ーうまずらはぎー 馬面剥 生態:カワハギの仲間は、分類上フグ目に属し系統的にも近縁であるため、肉質や泳ぎ方がフグによく似ている。 その名の通り頭部が長いので、その名がついたと思われる。 カワハギより沖合の深い所に棲息。 体は長楕円形で灰青…

大型のカワハギで最高に旨い ”うすばはぎ”

魚名 ーうすばはぎー 薄葉剥 生態:浅海の沿岸に群れを作って生息し、定置網にまとまって入ることがある。 幼魚には多数の複雑なしま模様がある。 ウマヅラハギよりもさらに細長く、体形は長楕円形である。 第1背びれは細く、折れやすい。尾びれが短く、尾…

ブリの幼魚 ”いなだ”

魚名 ーいなだー 鰍 生態:ブリの幼魚。 温暖性の回遊魚で北海道から台湾に至るまで分布し、春夏は北上、秋冬は南下して回遊する。 産卵期は南から2月ごろからはじまり7月までつづく。 稚魚期は甲殻類を捕食するが、成長するとイワシ、アジ類、イカ類などを…

嬉しい外道 ”いとより”

魚名 ーいとよりー 糸縒鯛 生態:体型は細長く、尾びれの上端部は糸状に伸びている。 体長は40cmほどになり、体色は、背部がピンクで体側に黄色い縦じまが6本ある。 水深30m~250mの砂泥底に生息して、甲殻類や小魚を捕食している。 釣り方:本命として狙う…

メジナ釣りの外道 ”イスズミ”

魚名 ーいすずみー 伊寿墨 生態:イスズミはメジナに似た魚で房総半島以南に分布し、沖縄、小笠原などではきわめて魚影が濃い。 地元ではササヨと呼ばれている。 イスズミにはイスズミ ・ミナミイスズミ・テンジクイサキの3種類が含まれている。 テンジクイ…

蒲鉾の原料にはこの魚が一番 ”イシモチ”

魚名 ーいしもちー 石持 生態:東北以南、東シナ海、インド洋まで広く分布する熱帯・温帯性の魚で、砂泥地に群れになって生息している。 ニベ科にはシログチ(イシモチ)、コイチ、ニベ、オオニベ、ホンニベなどがいる。 3年で27cm程度の成魚になるが、寿命…

磯釣りの王者 イシダイ

魚名 ーいしだいー 石鯛 生態:本州中部以南の黒潮が流れる磯に生息している。 全長は80cmを越え、10kg級になると言われている。 頭から尾にかけて7本の黒い横ジマがある。 このシマは成魚になると体全体が黒ずんで明確でなくなることが多い。 歯が非常に強…

子持ちガレイと呼ばれることも ”いしがれい”

魚名 ーいしがれいー 石鰈 生態:水深100m以浅の沿岸の砂底域、砂泥底域にすみ、しばしば淡水域にも侵入する。 成長とともに眼側に石のようなこぶ状突起が発達する。 眼側は褐色で、背びれと臀びれのつけ根近くに白斑が散在するのが特徴。 冬から初春にかけ…

クチジロと呼ばれる魚はこれ? ”イシガキダイ”

魚名 ーいしがきだいー 石垣鯛 生態:北海道以南の沿岸の磯の岩場に生息している。 イシダイより暖い海にいて体形はイシダイによく似て側扁し、くちばし状となっている。 体色は全体が褐色で、ちょうど石垣状に見えるが、成長につれて薄くなっていく。 産卵…

初夏のコマセ釣りなら ”イサキ”

魚名 ーいさきー 伊佐木 生態:沖合いの岩礁域や貝殻混じりの砂泥域に生息する。 浅海の黒潮流域沿岸部の岩礁域にも群れて生息する。 大型では50cm近くまで成長する。 側線のすぐ下から背中にかけて茶色の縦ジマが3本ある。 中・小型はとくに縞が鮮明だが、…

米粒形の卵が胴にいっぱい ”イイダコ”

魚名 ーいいだこー 飯蛸 生態:イイダコは大きさは5~20cmとタコの中でも小型サイズで、腕の付け根に2個、目と目の間に1個の金色の紋があるのが特徴。 小さな米粒形の卵が胴につまるので、イイ(飯)ダコといわれる。 1匹の雌は200~600粒の卵を持つ。 潮間帯…

大食漢な深海魚 ”あら”

魚名 ーあらー 𩺊 生態:やや深海性で沖合いの岩礁域や貝殻混じりの砂泥域に生息する。 体は紡錘形でやや側扁して長い。 吻部は尖っており、口は大きく、下顎は上顎より突出している。 背ビレは1基で13棘あり、エラ蓋に後方へ向う大きな鋭い棘がある。 鱗は…

シロ、キ、アカと3種類 ”アマダイ”

魚名 ーあまだいー 甘鯛 生態:アマダイには、シロアマダイ、キアマダイ、アカアマダイの3種があり、一般的にはアカアマダイをアマダイと呼ばれている。 体長は60cmほどになり、頭部は額と顎が角張った方形で、目が額の近くにある。 体色はピンク色で、腹側…

天ぷらにすると美味しい、ヌルヌルして長い魚 ”アナゴ”

魚名 ーあなごー 穴子 生態:アナゴの仲間にはマアナゴ、クロアナゴ、ギンアナゴなどがある。 一般にアナゴと呼ばれているのはマアナゴのことである。 硬骨魚網ウナギ目アナゴ科に属する白身魚。 ウナギに似た褐色の円筒形の魚で白い斑点が2列に並んでいる…

深海に住む体長60~80cmにもなる、美味しい魚 ”アコウダイ”

魚名 ーあこうだいー 赤魚鯛 生態:アコウダイは水深350~800mの深海に住んでいるカサゴの仲間。 濃紅色でずんぐりしており、目が大きいのが特徴。 成長すると体長60~80cm、体重は7~8kg位になる。 この水深から引き揚げると水圧が下がるため浮き袋が急激に…

小型のハタ アカハタ

魚名 ーあかはたー 赤羽太 生態:インド洋のサンゴ礁まで広く分布する。 小笠原諸島では普通種。 大型魚が多いハタの仲間では小型の方で、成長しても40cmまで。 小魚やカニなどを食べる。 体色は鮮やかな朱色、白い斑点が数個あり。 南日本の岩礁地帯やサン…

いさきと呼ばれるがイサキではない魚 あかいさき

魚名 ーあかいさきー 赤鶏魚 生態:水深50~100mあたりのやや深いところにすむ。 成長するにつれて、メスからオスに変わり、オスになると体色が黄色の斑点が多数でてくる。 オスは40cmにくらいになる。 背びれの後方に黒色の斑紋があり、メスは黄赤色を帯び…

最大のもので胴の長さが50cmになるいか あかいか

魚名 ーあかいかー 赤烏賊 生態:本州中部からオーストラリア北部まで分布する。 日本近海では沿岸からやや沖合にすみ、小魚を捕食する。 産卵期は4~10月と長期にわたる。 胴体は筒状で、透明な膜に被われた大きな眼がある。 体長は、最大のもので胴の長さ…

1年の命のいか アオリイカ

魚名 ーあおりいかー 障泥烏賊 生態:胴が丸みを帯び、胴の全縁に渡って半円形のひれを持っている。 姿はコウイカに似ているが、コウイカよりもヤリイカに近縁で、体内にはコウイカのような石灰質の「甲」を持たず、木の葉形の柔らかい「軟甲」を持ち、生き…

岩礁地帯に生息する魚 あいなめ

魚名 ーあいなめー 愛魚女 生態:日本全土の塩分の薄い岩礁地帯に生息。 体側には5本の側線がある。 50cm以上の大型に育ち、オスとメスで体色が異なる。 オスは鮮明なエンジ色で、メスは黄褐色。 アイナメの産卵期は秋、付着卵を海藻に産み付け、オスが孵化…

バリと呼ばれる魚 あいご

魚名 ーあいごー 藍子 生態:関東以南の暖海に生息する。 ウロコが非常に小さく体表面に粘液が多いため、ウロコがないように見える。 ヒレの先端には毒があり、刺されると半日くらいは激しい痛みに襲われる。 産卵期は初夏。 稚魚は大きな群れを作り、内湾で…