サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

岩礁地帯に生息する魚 あいなめ

魚名  ーあいなめー 愛魚女

生態:日本全土の塩分の薄い岩礁地帯に生息。

体側には5本の側線がある。

50cm以上の大型に育ち、オスとメスで体色が異なる。

オスは鮮明なエンジ色で、メスは黄褐色。

アイナメの産卵期は秋、付着卵を海藻に産み付け、オスが孵化するまで卵を守る。

 

釣り方アイナメはイソメや甲殻類、小魚などの動く餌にすばやく反応して食べるので、餌を水中で動かすとアタリが出やすくなる。

ラクリと呼ばれる赤い色を塗った独特のオモリに、短いハリスを付け、海底に着底したところで30cmずつくらいシャクって釣る。

 

食べ方:獲れたてのものは洗いや刺身。

皮が堅いので三枚におろしたら、皮を下側にして頭寄りから薄くそぐように斜め切りにして氷水に浸す。

そのほか、煮付け、唐揚、鍋物、バタ焼きなどにしても美味。