サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

シロ、キ、アカと3種類 ”アマダイ”

魚名  ーあまだいー 甘鯛

生態:アマダイには、シロアマダイ、キアマダイ、アカアマダイの3種があり、一般的にはアカアマダイをアマダイと呼ばれている。

体長は60cmほどになり、頭部は額と顎が角張った方形で、目が額の近くにある。

体色はピンク色で、腹側は白っぽい。

浅い海から水深300mくらいまでの砂泥底に巣穴を掘って生息している。

小魚・甲殻類・多毛類など小動物を捕食する。

 

釣り方:アマダイは、中型片天びん使用の2本バリ吹流し仕掛けを使用する。

底のくぼみや穴にいて上を見あげている。

したがって、底から1mくらいのタナで上手にエサを躍らせることが重要なポイントとなる ハリがかりしたあと、あまり暴れずに上がってくるが、残り15m位になると暴れだすのが特徴、油断をしないように取り込みたい。

 

食べ方:旬は、冬。

身に水分が多く柔らかいので、味噌漬けや粕漬けにしたり、干物に加工すると旨い。

刺身にする場合は、皮をはがずに皮側を火であぶって、薄つくりにして、ポン酢なので食べるとよい。