サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

クチジロと呼ばれる魚はこれ? ”イシガキダイ”

魚名  ーいしがきだいー 石垣鯛

生態:北海道以南の沿岸の磯の岩場に生息している。

イシダイより暖い海にいて体形はイシダイによく似て側扁し、くちばし状となっている。

体色は全体が褐色で、ちょうど石垣状に見えるが、成長につれて薄くなっていく。

産卵期は春から夏にかけてで、沿岸の岩礁域に産卵する。

フジツボや巻貝など硬いものを好んで食べる。

老成魚は口が白くなり、クチジロと呼ばれる。 体長50~60cmまで成長する。

 

釣り方:イシダイによく似ている魚で、磯釣りで狙うイシダイの外道として釣られてくる。

小型は堤防からも比較的簡単に釣れる。

船つりの外道として掛かることもある。

餌さは、サザエやヤドカリやエビ類を使う、硬い口で噛み割るのでハリスには、ワイヤーを使うのが主流。

 

食べ方:刺身としては、引き締まった身は、薄く削ぎ切りにすると美味しく、柚子コショウに柚子やカボスで食べると美味。

刺身を取った後のあらを荒炊きすると美味。

3枚に下ろし皮を引かずに熱湯をかけて直ぐに冷水に取って、水気をとり、約5ミリぐらいに引いて食べる松皮のお造りなども旨い。