サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

子持ちガレイと呼ばれることも ”いしがれい”

魚名  ーいしがれいー 石鰈

生態:水深100m以浅の沿岸の砂底域、砂泥底域にすみ、しばしば淡水域にも侵入する。

成長とともに眼側に石のようなこぶ状突起が発達する。

眼側は褐色で、背びれと臀びれのつけ根近くに白斑が散在するのが特徴。

冬から初春にかけて、水深10~20mの浅所で産卵する。

全長60cm位まで成長する。

 

釣り方:岸からの投げ釣りと船釣りがある。

砂の中に体を隠してエサが接近してくるのを待つ習性なので、アタリは小さい。

オモリが底へ着いたら、トン、トンとたたくように4、5回繰り返し、竿先をゆっくり、1メートルほど上げて様子を見る。

すると小さい前ぶれの後、食い込む。

投げ釣りは、置き竿にしてアタリを待つやり方が良く、潮の変化で釣れだす事が多いので、アタリが無くても我慢して待つ釣りになる。

 

食べ方:旬は夏で、あらいや刺身のほか煮付けや空揚げなどにして美味しい。

白身でさまざまな料理に用いられる。

また冬のカレイ、特に産卵前の時期のメスは大きな卵巣をもっており、子持ちガレイと呼ばれ、甘辛く煮付けたものが旨い。

イシガレイのおろし方は、表面の石づきを出刃包丁でそぎ、下ごしらえの要領で5枚におろし、皮を引き、平造りにする。