サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

嬉しい外道 ”いとより”

魚名  ーいとよりー 糸縒鯛

生態:体型は細長く、尾びれの上端部は糸状に伸びている。

体長は40cmほどになり、体色は、背部がピンクで体側に黄色い縦じまが6本ある。

水深30m~250mの砂泥底に生息して、甲殻類や小魚を捕食している。

 

釣り方:本命として狙うことは、ほとんどないが、アマダイなどの外道として釣れてくる。

深場の砂泥底を釣るので、片天ビンに2本ハリで釣る。

食い込みは、早いので向こうあわせで釣れてくる。

 

食べ方白身で身が柔らかいので、塩でしめてから料理するとよい。

照り焼き、煮付け、椀種などが旨い。

旬の晩秋から冬のころは、脂がのってくるので刺身も旨い。