サルタの釣り魚

日本の海で、釣れる魚の生態、食べ方、そして釣り方を紹介しています。

初夏のカツオは、初ガツオ ”かつお”

=サルタがお送りする、ブログです=

サルタの絵本紹介・@ サルタの禅のことば・@ サルタの日本史の中のひとびと・@ サルタの写真と短歌

魚名  かつお ー鰹ー 

 



生態:夏の魚の代表格で、春先になると沖縄海域に出現し、大群を組んで黒潮に乗って回遊を開始。

九州、四国沖を通り、紀南海域、伊豆海域から房総沖を経て三陸沖へと達する。

これが上りカツオ。

初夏には湘南沖を通過するが、この季節のものを初ガツオと言って珍重している。

ほぼ世界中の暖海域に生息し、我が国周辺では近似種としてスマ、ソウダ、ハガツオなどがいる。

魚には生時と死後とでは著しく色彩が異なるものが多いが、カツオはその典型。

縦縞のほか、宝石のように輝く背の群青色は、残念ながら魚屋の店頭では見ることはできない。

 

釣り方:昔は、活きたイワシをエサにして、竿と糸だけでのフカセ釣り、いわゆるカツオの一本釣りが盛んに行われたが、最近は、カッタクリ,サビキ,胴付,ビシ仕掛け などのコマセ釣りが盛んになっている。

また、ルアーやトローリングなどの釣り方で狙う。 カツオはイワシなどの小魚の群れを追っているので、その小魚の群れの上空に集まっている海鳥、いわゆるトリヤマを見つけて、そこを狙って釣るのが一般的。

カツオはすごいスピードで回遊しているので、群れを見つけたらすばやく釣るのがコツとなる。

 

 

食べ方:カツオの食べ方はいろいろあり、刺身、タタキなどから鰹節まである。

初夏に取れる初カツオは、やはり刺身が一番旨い。